どうも、うめぇです。

彼女の故郷、マレーシア。
そんなマレーシアって言う国を知るには、まず食べ物から。

(う^q^)「ダイエット?それは置いておこう。」

ということで今回は、僕の独断と偏見で日本でも売れるだろうなーと思う
マレーシアで食べた料理をピックアップしたいと思います。

ぜひ、マレーシア言った際には食べてみてください。
今回取り上げたのは、たまに無性に食べたくなります。。。


日本人にも懐かしく感じる味、チェンドル(Chedol)

Cendol_Penang

チェンドルは、ココナッツミルク、緑の着色(通常タコノキの葉を用いる)をおこなった米粉から作るゼリー状の麺です。(wiki:チェンドルより)
よくかき氷や甘いコーヒーと一緒に入っていたりして、寒天好きの日本人であればハマると思う一品です。夏のシーズンになってきた日本でも食べたいのですが、日本だと見たことありませんね。。ふーむ。

マレーシアのスターバックスこと、Oldtown white coffeeでも食べることができます。
Oldtown white coffeeごと、日本に上陸しないかなーと思ってます。。。


何でも合う、揚げパン。ヨウティアオ(Yoo tiao 油条)

1-2

ヨウティアオは中国式の揚げパンで、お粥とたべたり甘いものと食べたりと名脇役という言葉
がぴったり合うにくいやつです。(詳しいことはwiki:油条参照

色々な中華街で食べることができるので、色々な組み合わせで食べてみてください。
クアラルンプールであれば、I Love Yoo!というチェーン店が多くあるので、
お粥とのセットを食べてるとよさ気です。写真も公式より拝借。


がっつり、たべるならバクテー(肉骨茶:bak kut teh)

3C7JYABB77D7481B80ACEFmx

バクテーは、土鍋で肉類や野菜や、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)など
を煮込んで食べるスープ料理です。(詳しくはwiki:肉骨茶参照
醤油系?ベースなので、日本人の味覚にも合います。

中華系のフードコートやおいしいお店が数多くあるので、汗かきながら食べるのが
本当においしい。中の具材が選べたりするので、今日の気分でまったく違う味になるので
それも楽しめます。

クアラルンプールのそごうフードコートにもあったような。
 



とりあえず、こんなところですかね。
これからもマレーシアはちょくちょく行くと思うので、
新しい発見をしていければいいなーとは思ってます。

いいところがあったら是非そっと教えて下さい。

ダイエット??いいんだよ、ぽーいです。(投

ではではー。


 

◯お知らせ 
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。 
もし記事が面白かったら、下のボタンから
各種SNS等でも拡散してください。

是非宜しくです。

ランキング上がれば、彼女の
4コママンガがもっとアップされるはず!



◯ブログランキング 
 
国際恋愛・結婚ランキングへ