たこやきむら~夢見るマレー人嫁日記~

マレー系マレーシア人嫁と国際結婚した男の甘すぎない甘辛ライフログ。 日本、マレーシアで経験した面白い話や経験を中心に日常を綴っています。 4コマ漫画も掲載中。

僕らの馴れ初め

よくわからないけど、列車の向こう側の電灯がまぶしくて

あ、どうも。うめぇです。

仲良くやってる僕らですが、
いつでも初心に戻れるように覚えている範囲で
馴れ初め話を綴っておこうと思います。


クサいとか、見ているこっちが恥ずかしいとか言わないで(笑)
相変わらず少し憐れんだ目で暖かく見守ってくれますと幸いです。



では続きを。


◯今までの馴れ初め話
1話目:
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁
2話目:
大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。 
3話目:
見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛
4話目:
日本人男がマレーシア人の彼女に恋して、無茶ぶりして、おもてなしなお話 
5話目:
僕のドキドキさん、ようこそ。そして貴方もようこそ日本へ。




触れている実感


Some rights reserved by d26b73
(Some rights reserved by d26b73 from flickr)


駅のホームでまだ来ない列車を待つ僕ら。


温かいミルクティーとぎゅっと掴む、冷たいしゅーちゃんの手。

「寒くないかー。大丈夫?」

としゅーちゃんの顔を覗き込むと、
白い息をふわっと吐きながら、はにかみながら笑顔になりました。

「大丈夫だよー。それよりお腹空いた。」

「途中どこかでご飯食べていこうか」

「そうしよう。日本のご飯楽しみー。」


ご飯か・・・。

緊張しすぎて、あまりしゅーちゃんに会う以外に
プランを考えてたわけでなかったので、少し途方に暮れた。

ふむむ、こんな夜遅くにやっていて
それでいて日本っぽいご飯食べれるところ。。。
何かいいところがあったかな。



「んーんー、そうだ。寿司だな。」



なんで、寿司と口走ったかはよく覚えてない。
ただ単に僕が寿司を食べたかっただけかもしれないけど、
外国の人には寿司を食べさせたいっていうのもあったかもしれない。


今でも謎。


「寿司、いいね!楽しみ!」

「なら、良かった。とりあえず行ってみよー。」


ちょうど、駅にホームに列車が到着し
しゅーちゃんがルンルン気分で、乗り込む姿をみると
僕まで自然に笑顔になってしまう。


「うめぇ君、どうしたの?」

「いや、、しゅーちゃんが本当に来たんだなーって。」

「そうだよー。日本に来たかったのもあるけど、うめぇ君に会いたかった。」


よくわからないけど窓ガラスの向こうの電灯が、眩しいので俯いてしまう。


シースーベータする?

Some rights reserved by Goodimages
(Some rights reserved by Goodimages from flickr)

羽田空港から浜松町までは約20分。
僕らは、今まで会えていなかったけれども
旧友のようによくしゃべった。


日本の〇〇みてみたい!とか
マレーシアの〇〇もってきたよ!とか。


気づいたら、浜松町に到着していた。



「日本の電車は色々あるから、迷子にならないようについてくるように。」

「はい、先生!」

しゅーちゃんは、一段と手を握る力を強めてきた。


終電も近いせいか、人がとても多い。

周りの迷惑そうな目線を感じつつも
しゅーちゃんのずっしりとしたキャリーケースを持ち運びつつ
山手線に乗り込んだ。


「どこに向かうの?」

「とりあえず上野にいこか。」


向かうは、上野のすしざんまい。夜でも開いているお寿司屋。


当時、仕事の関係で
接待や知り合いと飲んだ後に、締めに寿司を食べにいって
かなり満足感があったのを思い出した。



「シースーベータしよ!」

「何それ(笑)」

 
重いキャリーケースも心なしか軽い。





続きます。 



 ◯お知らせ
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング

国際恋愛・結婚ランキングへ

僕のドキドキさん、ようこそ。そして貴方もようこそ日本へ。

あ、どうもーうめぇです。

馴れ初め話って、本当にこっ恥ずかしいてダメですね。
あと、僕の文章力が

絶 望 的 に セ ン ス が 無 い。

気持ちの描写とかムリポ。。。
少し憐れんだ目で暖かく見守ってくれますと幸いです。

では続きを。

◯今までの馴れ初め話
1話目:
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁
2話目:
大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。 
3話目:
見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛
4話目:
日本人男がマレーシア人の彼女に恋して、無茶ぶりして、おもてなしなお話


仕事に身が入らないそんな一日

Some rights reserved by mrhayata
(Some rights reserved by mrhayata from Flickr)

(う^q^)「気をつけてくるんだよー。」

(し'W')「うん、わかったー。また後でねー。」

しゅーちゃんが来る当日、飛行機搭乗前にこんなメッセージのやり取りをし
仕事終わり僕は少し早めに羽田空港に向かいました。

彼女が乗ってくる飛行機は、夜到着するので仕事終わりでも間に合いますが
当日は凄く緊張してそわそわして、その日の仕事に身がまったく入らなかった。 

楽しみであると同時に、

嫌われたらやだなとか、
自分変な格好してないかなとか、
様々な思いが巡っていました。




早めに着いた到着ロビーは僕と同じように多くの待ち人待ちの人たちがいて
待ち人を楽しみにしているほんわかとした感じがしていました。

あー、緊張するわ。。。ほんと。

無駄にそわそわする。

どのぐらい待ったかわからないけど、待ち望んだアナウンスが聞こえた。

「ピンポンパンポン」
「クアラルンプール発 Airasia 〜〜便は◯◯ゲートに到着いたしました。」


Some rights reserved by dhchen
(Some rights reserved by dhchen from Flickr)

飛行機が到着したとしても、入国審査や
荷物受け取り等で時間がかかるのは知っていたけれども
到着のアナウンスから、しゅーちゃんの姿が見えるまで
何十時間もの時間待っていたような感覚に襲われていました。


あれ、もしかして俺しゅーちゃん見過ごしちゃったのかな。
そもそも、しゅーちゃん来てないのかな。。。
ああああああ、落ち着かない。。。



目の前がぐるぐる。。。



無意味にスマホを覗いてメッセージを確認して
辺りをキョロキョロし、到着口の方をジーっとみたり
挙動不審感丸出しでしたね。


すると、ひょっこりと
荷物を多く抱えた僕の見慣れた、長い黒髪女の子が入り口から出てきました。


ようこそ日本へ。夜の東京は寒いよ。

Some rights reserved by David McKelvey
(Some rights reserved by David McKelvey from Flickr)

長い黒髪の子は、周りをあたふたしながら見回していました。

「あ、しゅーちゃん!こっちこっち! 」

「あ、うめぇ君!」

「ようこそ、日本へ。長旅お疲れ様。」

「えへへ、日本に来ちゃった。日本に来たかった!」

重そうな荷物を持ってあげながら、そんな初対面です。
はにかむ彼女は、僕の想像よりもずっと可愛らしくて
笑顔が素敵でした。 

 
「夜も遅いし、ひとまず帰ろうか。」

「うん、そうだねー。あー、日本だ!日本だ!すごい!」


周りをキョロキョロしながら、目を輝かせ無邪気な笑顔でそう話す彼女。


「そうだよー、ここが日本ですよー。」

「さすが、日本。寒いね。」


彼女なりの暖かそうな格好をしてきているようでしたが
春先とはいえ、夜はまだ寒い東京。



「なら、ちょっと待ってねー」


モノレール乗り場の自販機で温かいミルクティーを買って
彼女に渡し、僕は彼女の荷物を持ちもう一方の片手は
寒そうにしている彼女の手をそっと繋ぎ、モノレールに乗り込みました。
 

Some rights reserved by wajakemek | rashdanothman
(Some rights reserved by wajakemek | rashdanothman from Flickr)



続きます。 



◯お知らせ
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング

国際恋愛・結婚ランキングへ



 

日本人男がマレーシア人の彼女に恋して、無茶ぶりして、おもてなしなお話

どうも、うめぇです。

僕らの結婚までの道のりは、山あり谷ありという言葉がぴったり合う
ドタバタ劇です。

でも

(う^q^)「好きになったんだもん、しゃーない。なんとかなるっしょ」

っていう案外軽い気持ちで立ち向かっていって何とかなってます。
というわけで、僕らの馴れ初めの続きを。

◯馴れ初め話
1話目:
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁
2話目:
大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。 
 3話目:
見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛


僕のドキドキは何処へ。。。

Some rights reserved by I Should Be Folding Laundry
(Some rights reserved by I Should Be Folding Laundry from Flickr)

しゅーちゃんにとりあえず爆弾を放り込んだ僕はどんな返事がくるだろうーと
ドキドキしてました。。。


嫌われたかなー。 

変な奴って思われたかなー。

うー。



すると、しゅーちゃんは


(し'W')「本当、いいの!?ホテルとか泊まらないで済むから安くすむね!泊まる!」 

・・・

(う^q^)「あの・・・僕のドキドキを返して。」


とあっさり了承。

当時僕は、一人暮らし無しからぬ東京山手線圏内3LDKの大きな部屋に一人暮らししてました。
というわけで、しゅーちゃんが来ても僕の部屋は全然キャパ余裕なんです。


(し'W')「1ヶ月近く、日本にいるつもりだったからホテル代浮く。ラッキー。」

(う^q^)「狼な僕がいますよ。気をつけたほうがいいですよ。」

(し'W')「うめぇくんなら大丈夫でしょ。」

(う^q^)「嬉しいような、男として見られてなくて悲しいような。」

というわけで、しゅーちゃん日本滞在時は僕の家を拠点に活動することになりました。

外国の人に日本を魅力的に見せるためには

Some rights reserved by joshjanssen
(Some rights reserved by joshjanssen from Flickr)

正直いうと、しゅーちゃんが僕の家に来てくれて嬉しいという気持ちもありましたが

”日本という国を魅力的に思ってほしいな”という気持ちがすごくありました。

O MO TE NA SHI おもてなし ですね。

僕も男なんでスケベな気持ちは無かったわけでは無いんですが、(ROKUDENASHI)
折角きてくれるなら、日本を楽しんでもらいたいなという気持ちがすごく大きくなってました。

自分の中では、
 ・日本の日常風景や生活感が見えるような場所
 ・日本の歴史や文化を感じる場所
 ・他の外国人の行かないような場所
を色々連れて行ってあげたいなとは思ってました。

外国人彼女と立てる日本を魅力に感じる観光プランニング

Some rights reserved by HAMACHI!
(Some rights reserved by HAMACHI! from Flickr)

彼女が来る3月下旬は、桜のシーズンです。
桜をどうしても見たいとのことで、この時期にしたそうです。

というわけで、2つの場所は抑えておきたいなと思ってました。

・上野公園
 晴れた日の上野公園は桜だけでなく、日本人が桜を楽しむ風景も見てもらえると思って。
 上野という街自体の活気のある感じも見せたい。

・六本木ヒルズ 
 昼の華やかな桜だけでなく、ライトアップされたクールな夜桜も魅力的だと思って。
 六本木の大人な雰囲気も楽しんでもらいたい。

という漠然とした気持ちで、まずはこの2つの場所をしゅーちゃんに提案しました。

(し'W')「うめぇくんがオススメする場所なら、いこー。楽しみ。」

僕もしゅーちゃんが来るのが本当に楽しみでした。

日本を魅力的に感じてくれるように、色々な場所へ一緒にデートできたらいいなという
恋愛感情としてのワクワクと、日本を知ってもらいたい、楽しんでもらいたいという2つのワクワクが
僕の中に満ち溢れていました。



そんなこんなで、毎日作戦会議や他愛もない話をして
しゅーちゃんの日本訪問の日が近づいてきました。



続きます。
僕のドキドキさん、ようこそ。そして貴方もようこそ日本へ。


ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング

国際恋愛・結婚ランキングへ



 

見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛

どうも、うめぇです。

僕らの恋愛には文化の違いの他に、宗教の違いもありました。
でも宗教の違いで、この恋愛を諦めたくなかったんです。。。

問題はいっぱいあると思うけど、これからどうなることやら。

続きを書いていきます。

前々回(1話):
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁
前回(2話):
大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。 

 

イスラム教と向き合う仏教徒のぶっきらぼうな僕


Some rights reserved by demandaj
(Some rights reserved by demandaj from Flickr)

 インターネットで調べると、よく国際恋愛や国際結婚のQ&Aサイト等の回答で

「相手を好きに思う気持ちが大きくとも、宗教の壁は想像以上に大変で諦めたほうがいい」
「宗教が違うということは、価値観が異なる。長続きしない」
「恋愛する相手はよくとも、お互いの家族や親類で揉め事が起きやすい」

と否定的な意見が大半で、イスラム教に関する賛成意見なんて
ほぼ皆無だった。 おい、やべーじゃん。

(う^q^)「ああ、どうするかなー」

と悩む僕。 
何はともあれ、彼女と相談してみるのがいいと思い、相談してみた。

(う^q^)「しゅーちゃん、正直オレしゅーちゃんともっと仲良くなりたい。どうすればいいかな」 
(し'W')「本当?ありがとうー。イスラム教とか気にするよね。。。」
(う^q^)「するけどさー、どうするよー。」
(し'W')「どうしようかー。」
(う^q^)(し'W')「よし、あとから考えよう。」



という、問題先送りのだめ人間二人のなんとも曖昧なスタートでしたwww
 
本来、イスラム教っていうのは国によっては本当に厳格で
結婚相手は自分の父親の決めた人。
女性は肌を見せてはいけない、外を出歩いてはいけないといったこともあるので
その点、彼女が寛容な考えで良かったと思う。


ラブアンドピース。イスラム教Q&A、講師しゅーちゃん

Some rights reserved by mmmou812ic
(Some rights reserved by mmmou812ic from Flickr)


イスラム教は、男女交際するのは大変で
比較的すぐに結婚して、夫婦としての関係を築いてから
恋愛をすることも多いらしいとのインターネットでの情報。
異教徒と恋愛するのも難しいらしい。

むむー。

彼女に確認すると

(し'W')「んー、厳格な人はそうだけど。恋愛して結婚する人もいるよ」
(し'W')「うまくいかないと、すぐ離婚する人もいるけどね。」


と、 まぁ日本人とあまり変わらないなという印象。

 (う^q^)「付き合ったり同棲したりができないと、結婚生活うまくいくかわからなくない?」
(し'W')「それはあるねー。私は恋愛して結婚したいな。」


僕は、彼女の恋愛観やイスラム教での恋愛観に関して
質問攻めしました。

(う^q^)「あのーそのー、体の相性わるいと、結婚生活ヤバくない?」
(;し'W')「こら、女の子にそんな質問しないの。」


とセクハラまがいなこともやりました。


で、数多くの質問をし、回答をもらって
1つ僕なりの結論を出しました。


恋愛に国も宗教もへったくれもない。
好きになれば一緒。多分、なんとかなりそうだ。



よくわからない自信です。
フンフン。(鼻息荒げ

わくわく?どきどき?僕なりの恋愛作戦

Some rights reserved by elycefeliz
(Some rights reserved by elycefeliz from Flickr)

僕なりの結論が出たところで、
彼女が日本に来る日が近づいてきました。


あれやこれやと、日本の行き先プランを考えたり
日本のこういったうんちく覚えたほうが楽しめるよと
いって、日本歴史の情報(戦国アニメ)を教えたりしました。


僕は彼女とのやり取りを通じて、やっぱり
彼女が好きなんだと確信しました。
彼女も、僕に好意を寄せてくれていました。



そこで
僕は1つ大きな爆弾を彼女に放りこんでみました。




ぼそっと、彼女に一言

 


(う^q^)「しゅーちゃん、日本来たらうちに泊まりなよ」 




どきどき、わくわく大作戦決行。


・・・続きます。 

次の話
日本人男がマレーシア人の彼女に恋して、無茶ぶりして、おもてなしなお話


◯お知らせ
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング

国際恋愛・結婚ランキングへ

大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。

どうも、うめぇです。

やっぱり国際結婚っていうのは何事も大変だとは聞いてんですが
僕らの場合も例外なく問題アリでした。

その辺を含め、前回の続きを書いていこうと思います。

前回のお話
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁


マレーシアという国と住んでいる人たち

Hijab-Indonesia_Anna_Martadiningrat


ご存知の方もいらっしゃると思うんですが、
マレーシアには、大きく3つの人種がそれぞれの文化を作り
うまく共存して成り立っています。

  • マレー系マレーシア人ー 宗教:イスラム教
  • 中国系マレーシア人ー 宗教:仏教・キリスト教
  • インド系マレーシア人ー 宗教:ヒンドゥ教

といった具合に
一概にマレーシア人と言っても、何系のマレーシア人かによって
文化や考え方、宗教等は違うのです。

そんな彼女はマレー系マレーシア人で、宗教はイスラム教。
マレーシアの憲法には、
「マレーシア人の国教はイスラム教である。」と明確に書いてあるそうな。

宗教はイスラム教。
宗教はイスラム教。。
宗教はイスラム教。。。

って、イスラム教ってなんや?


イスラム教ってなんやねん。お酒と豚食べないってきくけど

muslim-972544_960_720


日本人の大半は仏教なので、イスラム教に関しての知識は
僕自身あまりありませんでした。
むしろ、ISIS等の影響もあって日本人の人のイスラム教のイメージって


「野蛮で物騒」


っていうイメージが強いと思います。僕も例外無くそんなイメージです。
あと、禁欲の生活を強いられるので生活が大変なイメージがありました。
禁酒・食べ物の制限・男女交際・断食・お祈り等。



彼女に色々イスラム教について、あれこれ質問してみます。


「豚って食べれないって本当?」→「うん、だめだよー。汚いって言われてるからね」
「お酒って飲んでみたことないのー?」→「飲んでみたいけど、、飲むのはダメだねー。」
「断食って大変じゃない?お腹空いて死んじゃうよ」→「昔からやってるから慣れてるよー。」


と色々質問をして疑問や彼女なりの考え方を確認してみました。



結果・・・



超大変やん、イスラム教って。。。
欲まみれの僕は耐えれなそう!



だって、僕の好きな家系ラーメンだめやん、豚骨醤油だし。
好きなビールとかスミノフアイスもお酒だし。
趣味・食べあるきって書くぐらい食べるの好きだから断食とか無理やー。


と聞けば聞くほど、きついイメージでした。
でも、僕はモヤモヤしていました。


でも、僕は宗教という問題で彼女を諦めたくなかった。

Some rights reserved by Michael Yan
(Some rights reserved by Michael Yan from Flickr)

普通だったら、これだけ聞けば彼女を諦めるものなんですが
彼女とだったら宗教や文化の壁を越えて、付き合っていけるっていう
よくわからない自信がありました。


話している感じ、雰囲気、考え方、僕と彼女の相性。

今まで出会って付き合ってきた人と何かが違ってたんです。
言葉でうまく表現できませんが。。。


1つ言えるのは
宗教という問題で、彼女を失いたくなかった。


さて、俺はどうすればいいのさねー?
困った、困った。



続きは後ほど。

続き:
宗教が違う!?んな、当たって砕けろ!見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛


ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ    
スポンサードリンク
ブログ主のツイッター
ブログランキング 参加してます
記事検索
問い合わせ