どうも、うめぇです。

僕らの結婚までの道のりは、山あり谷ありという言葉がぴったり合う
ドタバタ劇です。

でも

(う^q^)「好きになったんだもん、しゃーない。なんとかなるっしょ」

っていう案外軽い気持ちで立ち向かっていって何とかなってます。
というわけで、僕らの馴れ初めの続きを。

◯馴れ初め話
1話目:
【照】日本人の僕がマレー人の彼女と出会うきっかけと、僕らの前にそびえ立つ大きな壁
2話目:
大変?幸せ?のほほんな僕とオタクな彼女がイスラム教。 
 3話目:
見えてる地雷にあえて突っ込んでいく恋愛スタイルで異宗教間恋愛


僕のドキドキは何処へ。。。

Some rights reserved by I Should Be Folding Laundry
(Some rights reserved by I Should Be Folding Laundry from Flickr)

しゅーちゃんにとりあえず爆弾を放り込んだ僕はどんな返事がくるだろうーと
ドキドキしてました。。。


嫌われたかなー。 

変な奴って思われたかなー。

うー。



すると、しゅーちゃんは


(し'W')「本当、いいの!?ホテルとか泊まらないで済むから安くすむね!泊まる!」 

・・・

(う^q^)「あの・・・僕のドキドキを返して。」


とあっさり了承。

当時僕は、一人暮らし無しからぬ東京山手線圏内3LDKの大きな部屋に一人暮らししてました。
というわけで、しゅーちゃんが来ても僕の部屋は全然キャパ余裕なんです。


(し'W')「1ヶ月近く、日本にいるつもりだったからホテル代浮く。ラッキー。」

(う^q^)「狼な僕がいますよ。気をつけたほうがいいですよ。」

(し'W')「うめぇくんなら大丈夫でしょ。」

(う^q^)「嬉しいような、男として見られてなくて悲しいような。」

というわけで、しゅーちゃん日本滞在時は僕の家を拠点に活動することになりました。

外国の人に日本を魅力的に見せるためには

Some rights reserved by joshjanssen
(Some rights reserved by joshjanssen from Flickr)

正直いうと、しゅーちゃんが僕の家に来てくれて嬉しいという気持ちもありましたが

”日本という国を魅力的に思ってほしいな”という気持ちがすごくありました。

O MO TE NA SHI おもてなし ですね。

僕も男なんでスケベな気持ちは無かったわけでは無いんですが、(ROKUDENASHI)
折角きてくれるなら、日本を楽しんでもらいたいなという気持ちがすごく大きくなってました。

自分の中では、
 ・日本の日常風景や生活感が見えるような場所
 ・日本の歴史や文化を感じる場所
 ・他の外国人の行かないような場所
を色々連れて行ってあげたいなとは思ってました。

外国人彼女と立てる日本を魅力に感じる観光プランニング

Some rights reserved by HAMACHI!
(Some rights reserved by HAMACHI! from Flickr)

彼女が来る3月下旬は、桜のシーズンです。
桜をどうしても見たいとのことで、この時期にしたそうです。

というわけで、2つの場所は抑えておきたいなと思ってました。

・上野公園
 晴れた日の上野公園は桜だけでなく、日本人が桜を楽しむ風景も見てもらえると思って。
 上野という街自体の活気のある感じも見せたい。

・六本木ヒルズ 
 昼の華やかな桜だけでなく、ライトアップされたクールな夜桜も魅力的だと思って。
 六本木の大人な雰囲気も楽しんでもらいたい。

という漠然とした気持ちで、まずはこの2つの場所をしゅーちゃんに提案しました。

(し'W')「うめぇくんがオススメする場所なら、いこー。楽しみ。」

僕もしゅーちゃんが来るのが本当に楽しみでした。

日本を魅力的に感じてくれるように、色々な場所へ一緒にデートできたらいいなという
恋愛感情としてのワクワクと、日本を知ってもらいたい、楽しんでもらいたいという2つのワクワクが
僕の中に満ち溢れていました。



そんなこんなで、毎日作戦会議や他愛もない話をして
しゅーちゃんの日本訪問の日が近づいてきました。



続きます。
僕のドキドキさん、ようこそ。そして貴方もようこそ日本へ。


ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング

国際恋愛・結婚ランキングへ



 
スポンサードリンク