たこやきむら~夢見るマレー人嫁日記~

マレー系マレーシア人嫁と国際結婚した男の甘すぎない甘辛ライフログ。 日本、マレーシアで経験した面白い話や経験を中心に日常を綴っています。 4コマ漫画も掲載中。

2017年01月

ゲームは人をダメにするとか。。。(笑)僕が子供にやらせたいゲームソフト

あ、どうも、うめぇです。


僕は、自称プロユーチューバー(見る方)なんですけれど
プロゲーマー梅原さんが面白い講演をしていて見入ってしまいました。


(「BeasTV」17/1/19 - 一日ひとつだけ強くなる 慶應丸の内シティキャンパス講演より)

45分50秒~
「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです。」
「成長が実感できていれば、飽きるってことはない。」
とゲーム論を語ったりして、今ネット上で共感を呼んで話題になってますね。


ゲームと成長という観点で少し物事を考えてみたいなと思いました。

それは何かというと

自分が親として、子供にやらせたいゲームは?

というテーマです。


僕もそのうち、親になるかもしれないしねー。




テレビゲームは子育ての悪者?

videogame_boy

よくテレビや雑誌、マスメディアとかで誰もが聞いたことあるセリフ

「ゲームをすると、馬鹿になる。」

果たしてそれが本当なのかなと思ってます。


ゲームのやりすぎで、勉強が疎かになるとかいうのであれば
別にゲームに限ったことでないですし、何事も適度にこなせなければ
毒になると思うのです。


僕自身は子供にテレビゲームをさせないとは思ってません。
むしろ、子供と一緒に楽しんでテレビゲームをしたいと思っています。


なぜなら、テレビゲームのほうが子供により楽しく、印象深く、効果的に
道徳や考え方、発想力を高め成長させれると思っているからです。


(う^q^)「しゅーちゃんもオタクだから、俺と同意見でしょ。」
(し'W')「オタクちゃうもん。。。少しゲームが好きなだけです。。。」





子供の成長を期待して遊ばせたいゲームタイトル

family_smartphone_game

今回とりあげるのは、あくまでうめぇの個人的考え方なので悪しからず。
僕に子供ができて子供と一緒に遊びたいと思ってるゲームソフトです。

あと、最近のゲームソフトというよりファミコンやスーファミぐらいで考えていきたいと思います。
取り上げたいゲームがいっぱいあるので後で加筆したり、シリーズとして書くかも。。。笑

ダウンタウン熱血行進曲それいけ大運動会



いわずとしれた、4人で白熱するハチャメチャアクションで
運動会をテーマに、殴る・蹴る・投げて競走するゲーム。

協力プレーをしていたと思ったら、裏切られたり、
一人でそそくさ抜け駆けしようとすると、追い回されたりと 
「争いということは、どういうことなのか」を教えてくれる教訓深いファミコンソフト。


このゲームを通じて、学んでほしいこと
  • 人にやられて嫌なことはしない。(ハメ技は嫌われる)
  • 人にやったら、やり返される。
  • 皆できゃーきゃー言いながら遊ぶのは楽しい。

(う^q^)「陰湿なハメ技に震えて眠れ。ふはははは」
(し'W')「子供がひねくれそうだから、やめてね」


桃太郎電鉄シリーズ



これも有名どころですな。
鉄道会社の運営をモチーフにしたすごろくゲームで、目的地を目指しながら
日本全国をまわり「物件」を購入しながら収益を上げ、順位を競うゲーム。

運営がうまく軌道にのれば、じゃんじゃんお金がたまる一方
ジリ貧が続くと中々這い上がれないそんなゲーム。

また目的地を向かうのか、物件やお金・カードを集めるかが得なのか
期待値を考えてプレーすることがよくある。

このゲームを通じて、学んでほしいこと
  • 日本の地理、名産品とか
  • リスクとチャンス、期待値の考え方
  • お金によって行動に幅が広がること

(う^q^)「僕のうんちく知識のスタートは、桃鉄から始まったといっても過言ではないね」
(し'W')「日本の地理、まだ私も疎いからこんどやろー」



ワンダープロジェクトJ



スーファミの綺麗なドット絵で表現された、ストーリーも評判がいい名作育成アドベンチャー。

主人公ピーノに道具や行動を提示し、その使い方や行いが
正しい・正しくないかを覚えさせピーノを成長させるゲーム。
まったく無知のピーノにどんなことを覚えさせ、学ばせればいいのか
何が正しくて正しくないのかを自分なりに考えてプレーしないと
主人公ピーノは変な子になってしまう。


このゲームを通じて、学んでほしいこと
  • 物事の倫理、道理、仕組み
  • 人を育てるとは
  • 成長するとは

(う^q^)「ストーリーがまたいいんすよ。」
(し'W')「うめぇ君のピーノは、何でも匂い嗅いでいるか食べてそう」
(う^q^)「・・・すごいイメージだね。。。」




子供とゲームの付き合い方、うめぇさんのまとめ

Some rights reserved by JD Hancock
(Some rights reserved by JD Hancock from flickr)

僕は良質なゲームってきっといい意味で子供に影響を与えてくれると思います。
考え方や発想力の成長だったり、知的好奇心をくすぐるきっかけになったりもするだろうなと思ってます。

僕の知人なんかは、シミュレーションの三国志をきっかけに中国に興味をもったりとかもしてました。



そんなテレビゲームは子供を暴力的にするとか、馬鹿になる原因だとかいう表現が
時々、目につきますが大人のエゴだと思います。
やりすぎれば何事も毒だし、それをうまくコントロールするのが親だと思います。



ゲームにプロ業界ができたように、ゲームに対する考え方を
もっとポジティブに捉えて、うまく上手に関わっていきたいなと思ってるうめぇです。




(う^q^)「ただ、そこのソシャゲ。おめぇはだめだ。」




ソシャゲで10万円課金して、狙ったキャラでなくて引退したことのあるうめぇでした。
何事もほどほどが大事です。。。





◯お知らせ 
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。 
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング 
 
国際恋愛・結婚ランキングへ
 

悲惨!?円満!?国際結婚における嫁姑問題について

どうも、うめぇです。

気づいたら明けてました。いやはや、明けてたわ。。。
普通のブログであれば、

新年の抱負!

とか

今年の目標!

とか書くのでしょうが、まぁ僕なんでとりあえず
しゅーちゃんと楽しく生活できればいいかなと。。。



そんな僕らは、初めて一緒に年末年始を過ごしました。

しゅーちゃんにとって、初めての日本式大晦日、お正月を経験しました。


Some rights reserved by Joi
(
Some rights reserved by Joi from flickr)


(う^q^)「どうだった、年末年始は?」
(し'W')「おせちって、中身の種類いっぱいあるけど美味しくないのもあって、当たりはずれ結構あるよね。。。」
(う^q^)「しっー!それは日本人でも感じてる人はいるから。。」


よく食べ、よく肥えた年末年始でした。(+2kg

以上!



さて、今回は国際結婚の嫁姑問題について話したいと思います。


国際結婚における嫁姑問題について

Some rights reserved by Ktoine
(
Some rights reserved by Ktoine from flickr)

そもそも、僕は最初に無茶苦茶国際結婚反対されてました。
そりゃーもうね、ひどいもんでしたよ。。。

過去記事: ドヤッ!僕が国際結婚で猛反対されて使った1つの荒技


現在どんな感じかというと
しゅーちゃんと僕のおかんとは、無茶苦茶仲いい感じ。


(う^q^)・・・あれ?


おかんは、本当の娘が出来たみたいにめちゃくちゃ溺愛してる感があります。
年末年始に実家に帰った時なんかは、


(母◎w◎)
「しゅーちゃんに似合うと思って、パジャマ買っといたから!」

とか

(母◎w◎)「
しゅーちゃん、本当に可愛いし頭いいし、なんでうめぇと結婚したかわからんね。。。」

(う^q^)「一言余計じゃい」


とか。。。なんやねん。。。実の息子の扱いひどすぎる。。。


一方、しゅーちゃんは、

(し'W')「おかあさん、おかあさん。これどうやればいいですか?」
とか
(し'W')「おかあさん、ハグ~!!」

と色々わかんないこと聞いたり、本当の母親のようにベタベタしてます。



今のところ、よく聞くような嫁姑問題にはなってないです。


期待とギャップとそのはざまに


Some rights reserved by NDomer73
Some rights reserved by NDomer73 from flickr
 
実際に問題に直面したことはないので、憶測ですが
嫁姑問題の多くは、過度の期待とギャップにあると思ってます。



嫁姑問題でのよくあるイメージは

(姑=s=)「あらやだ、A子さん。そんなのもわからないの?うちの子がそれじゃかわいそうよ。」

(嫁’w’)「きぃーーー!うちは、これがやり方なんです!お義母さんは黙っててください!」

と、お互いの考え方やこれぐらいはできるだろうというギャップが問題になるんだと思います。

しゅーちゃんとおかんの場合、ギャップゼロ。
オールフリーです。



料理準備の時なんかは

cooking_ryouri_oyako


(母◎w◎)「しゅーちゃん、この食材は日本ではこう切るから覚えておくのよー。」

(し'W')「おーなるほど。勉強になります!」

(母◎w◎)
「ちなみにマレーシアだとどうなの?」

(し'W')「マレーシアだと、これはこうやったりします。」 

(母◎w◎)
「へー、そうなのね。」

(し'W')「お義母さんやっぱり上手ー。今度つくってみよう。」

(母◎w◎)
「しゅーちゃん、飲み込み早いわねー。ちなみに味付けは・・・」


とキッチンで微笑ましい感じに料理教室してました。


おかんは、しゅーちゃんが出来ない前提に教える姿勢。
しゅーちゃんは、出来ないから教わるのが前提の姿勢。


なのでぶつかる様子もなく、普通に母と娘の日常みたいですね。


国際結婚ってもっと、ガッツンガッツン衝突するイメージがありましたが
そんな事もないのかなと感じてます。



もちろん、子供が出来たらまた状況は変わってくると思いますが今のところは平和です。
他の国際結婚をした人はどうだったんでしょうかね。気になるところ。





一方そのころ、リビングでは
(父#w#)「おい、うめぇ。準備おまえもてつだえ。」

(う^q^)「うるせぇ、運転して疲れてるんだ。少し休ませろ。」

(父#w#)「うるせぇとはなんだ。父親に向かって」殴(ボコッ

(う^q^)「すぐ殴るんじゃねーぞ、このくそ親父。」

(父#w#)「やんのか、おらー。てめぇが悪いんだぞ」

(う^q^)「うっせぇ!」

sじゃあqswでfrtghyじゅいこlp;@




と、いい歳した親子が年末年始にしょうもない喧嘩してる方がよっぽど問題です。。。

大人になろう、自分。。。


◯お知らせ 
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。 
是非宜しくです。ランキング上がれば、
多分彼女の4コママンガがアップされるはず!


○ブログランキング 
 
国際恋愛・結婚ランキングへ
 
スポンサードリンク
ブログ主のツイッター
ブログランキング 参加してます
記事検索
問い合わせ