どうも、うめぇです。

本日は、バレンタインデーでしたね。
僕はしゅーちゃんから手作りチョコがもらえてうれしいです。


(し'W')「手作りしてるときに、帰ってくるのはちょっとね」
(う^q^)「空気が読めなくてさーせん。」

2017年、空気が読める男になりたいうめぇです。



さて、話はさておき
今日はマレーシアで感動するぐらい効果があった
魔法の塗り薬をご紹介しようと思います。



マレーシアは虫刺されとの戦い

マレーシアは、平均気温27~33℃と常夏な環境です。
そんな環境であれば、虫も大きかったり多かったりします。

以前マレーシアにて、しゅーちゃんと共に親戚の家に挨拶巡りをしてる際、
暑いので半袖にハーフパンツでいると、そりゃー良くわからないぐらい
足や手が蚊に刺される、刺される。。。

Some rights reserved by libookperson
(Some rights reserved by libookperson from flickr)



(し'W')「蚊も外国人のうめぇ君のエキスを吸ってみたかったんだよ。」
(う^q^)「手荒な歓迎ですな。。。」


ポリポリ。

ポリポリ。

ポリポリ。


親戚の家に結婚しますーってご挨拶きてるのに落ち着かない僕。
すると、しゅーちゃんが

(し'W')「~=~=~=~=~」(マレー語わからないから聞き取れない)
(親戚^X^)「=~=~=~=~~=~=~」(同上)

(し'W')「うめぇ君、この薬もらったから塗ってー。」
と、小さな小瓶を渡してきました。

Minyak Gamat
デーン。Minyak Gamat(ミンヤク ガマット)といいます。


(う^q^)「何これ、怪しい。」
(し'W')「シーキューカンバーの薬だよ。効くよー。」
(う^q^)「ほー、シーキューカンバーねー。」


見ての通り、知ったかである。


その時の僕の少ない英語脳では、
 シー(sea)→海
 キューカンバー(cucumber)→きゅうり
となりまして、植物由来の「海のキュウリ」エキス配合の薬という認識でした。
イメージとしては、海ブドウみたいなのでキュウリみたいなのかと思いまして。。。


Umibudou_at_Miyakojima01s3s2850
海ブドウのこんなやつ。


よく振ってから使うらしく、振ってからフタをあけると
黒蜜みたいなエキスがでてきました。匂いはしないね。
触り心地はぬるっとする。。。まぁ薬だしねー。

ペタペタっと。

マレーシアの一般家庭では当たり前の薬、Minyak Gamat

bug_mushisasare

いざ試しに虫刺されの箇所に塗ってみたら、あっという間に
1時間後にはかゆみが無くなり、
3時間後には腫れも引き
半日後には虫刺され前とおなじ、綺麗な肌になってました。

スゲー。思わず効果に感動してしまいました。


(し'W')「マレーシアだと、だいたい一家に一個はこの薬あるよー。」

日本でいう、メンソレータムだったりオロナインとかに近い存在ですかね。

個人差があるとはいえ、効果がすごくあって驚きました。




Minyak Gamatの正体とは

しばらくして、何をふとシーキューカンバーが気になりまして
どんなものか調べなおしたんです。

(う^q^)「sea cucumber 画像 検索っと。」



Sea_Cucumber
あ、どうも、海のキュウリです。


(う^q^)「な、なまこやないかい!」


そう、シーキューカンバーはなまこですね。
マレーシアはなまこで有名なこと忘れてました。

ちなみに、このナマコ油はほかの人も効果に驚いている感じですね。

参考リンク(りか@ペナンブログさん)
Gamat(ナマコ)についての反響が思った以上でしたのでナマコ製品についてもう一つ。



(し'W')「マレー語でMinyak(ミンヤク)→油 Gamat(ガマット) →ナマコ だよ。」
(し'W')「知ったかしないで、聞けばよかったのに 笑」
(う^q^)「う、うるさい。今度からそうします。。。」


知ったかしてバレルと、本当に恥ずかしい。。。うう。



(し'W')「マレーシアに行った際に虫刺されたら、是非この薬試してみてね。」

 



◯お知らせ
ブログランキングクリックしてくれると励みになります。
あと記事が面白かったら、宜しければコメント残してくださいな。
うめぇが泣いて喜んで、嬉し泣きながらコメント返信します。

各種SNSでの拡散も是非宜しくお願いします。

ランキング上位になったり、コメントがあると
彼女の4コママンガがもっとアップされるはず!




 
スポンサードリンク